So-net無料ブログ作成
前の1件 | -

【まぢ便利】ステアリングスイッチをグレードアップ! [電装系]

ステアリングスイッチをグレードアップ.png
ハイエースに装着されているステアリングスイッチは左側のみ。
最近になって、空いている右側がヤケに寂しいなぁと思い始めたのも束の間、使えそうなステアリングスイッチを手にいれてしまった。。。
それがコチラ
84250-60310_ランクル200_ステアリングスイッチ.png
聞くところによると"ランクル200"のステアリングスイッチらしい。。。
純正品番は 〈84250-60310〉です。


左側は、純正のボタン配置・機能とおなじです。
右側のスイッチは受話キー終話キーと、その下にコミュニケーションキー、あとDISPキーという表示のボタンが追加されました!!!
ハイエース_ステアリングスイッチ機能追加ボタン詳細.png
この機能が必要かどうかは置いといて、スイッチが増えることは、なんだか嬉しい気持ちにもなります!!!

ただ...届いたステアリングスイッチを、そのままポン付けという訳にもいかなかったので、今回はその全貌を記録に残したいと思います。

コネクタの違い

元々ハイエースに付いていたコネクタは黒色の12pinコネクタ
これに対し、届いたステアリングスイッチのコネクタは白色の10pinコネクタ
察しの通りハマるはずがない。ともなればコネクタを用意し交換する必要があります。
対象の黒色12pinコネクタ、品番は:90980-12559 です。
90980-12559_ハイエース_ステアリングスイッチコネクタ.png

配線方法

コネクタのどこのピンにどの信号が入るのか
その答えを知るには、まずはその信号線の内容を知る必要があります。
純正ステアリングスイッチから出ている配線は
黒、灰、茶、赤の4本。

それぞれの信号名は
ピン番号 配線色 信号名
11 GND(-)
SW1
SW2
イルミネーション(+)

ハイエース_純正ステアリングスイッチコネクタ_ピンアサイン.png
※青線はホーンのケーブルです。

で、このうち ステアリングスイッチ の信号を送っているのが
灰:SW1
茶:SW2
の2本であります。

SW1、SW2から送られる各ボタンの判別は、車体側での抵抗値の変化 で読み取っており、それぞれのボタンに、予め抵抗値を設定しておくことで、少ない配線でも信号の判別できるというわけです。

実際のステアリングスイッチの内部回路はこんな感じです。
ハイエース純正ステアリングスイッチの内部回路.png


そして、それぞれのボタンに対する抵抗値(設定範囲)は下表の通りです。
ピン番号 配線カラー ボタン操作 抵抗値(GND:11ピン基準)
茶色 スイッチ押下せず 95 to 105kΩ
VOL+スイッチ押下 950 to 1050Ω
VOL-スイッチ押下 2955 to 3265Ω
SEEK+スイッチ押下 2.5Ω以下
SEEK-スイッチ押下 313 to 345Ω
MODEスイッチ押下 95 to 105kΩ
灰色 スイッチ押下せず 95 to 105kΩ
VOL+スイッチ押下
VOL-スイッチ押下
SEEK+スイッチ押下
SEEK-スイッチ押下
MODEスイッチ押下 2.5Ω以下


上記を踏まえて、変更後のステアリングスイッチの配線を考えました。

交換後の配線

変更後のステアリングスイッチから出ている配線は
黒、灰、茶、赤、そこに 黄色 が加わり計5本となります。
とりあえず、他の配線が変更前と同じ意味を持っているかの確認と、新設された右側スイッチの検出方法(おそらくSW2の抵抗値が変化する)を確認しました。

結果は以下の通り
ピン番号 配線色 ボタン操作 抵抗値(GND:11ピン基準)
スイッチ押下せず 95~105kΩ
VOL+ スイッチ押下 950~1050Ω
VOL- スイッチ押下 2955~3265Ω
SEEK+ スイッチ押下 2.5Ω以下
SEEK- スイッチ押下 313~345Ω
スイッチ押下せず 95~105kΩ
発話スイッチ押下 950~1050Ω
終話スイッチ押下 313~345Ω
MODEスイッチ 2.5Ω以下
コミュニケーション
スイッチ押下
2955~3265Ω


内部回路はこんなところでしょう。
ハイエース変更後ステアリングスイッチの内部回路.png

予想通り、右側のボタン検出に対しては SW2の抵抗値 が変化していました。
...で、問題の黄色線はというと、DISPボタンの単独スイッチライン であることが判明。押している間のみのGNDと通電するスタイルです。


ただ問題は、この黄色線、コネクタのどこに接続すればいいのか?

◆増設する黄色線の最適な場所は?

ステアリングスイッチの信号は、その後スパイラルケーブルというケーブルを通ります。ケーブルと言っても形状はドーナツ型で、ハンドルを回した時にケーブルを絡まなくする機能をもっているものです。
このケーブル出口のコネクタの空き状況を確認することで、追加する黄色線の適切な配線箇所は分かります。

テスターで通電チェックをした結果、ステアリングスイッチコネクタとスパイラルケーブルコネクタの接続配線が判明しました。
以下、相対表です!!!
スパイラルケーブル 内部配線相対図.png
車体側 ステアリングスイッチ側
J70-1 L1-2
J70-2 L1-1
J71-1 A-3
J71-2 A-4
Z5-7
J71-3 Z5-8
J71-4 Z5-9
J71-5 Z5-10
J71-6 Z5-11
J71-7 Z5-12
J71-8 A-1
J71-9 Z5-1
A-2
J71-10 Z5-2
J71-11 Z5-3
J71-12 Z5-4
J71-13 Z5-5
J71-14 Z5-6

最終的なコネクタの接続図は以下の通りです。
ハイエース_変更後ステアリングスイッチコネクタ_ピンアサイン .png
※上図の「6ピン:クルコン信号」と「7ピン:GND」は前回クルコン追加した時に増設したケーブルであり、標準ではついておりません。

最終的に MODEスイッチ単独の黄色線は、ステアリングスイッチの 5ピン
対するスパイラルケーブル通過後のコネクタは、12ピンに配線を追加することで解決しました。

上図、少し分かりづらいのは、スパイラルケーブルを通過することで、同じ信号でも配線の色が変わる ということ。例えば、ステアリング側は黒色だったGND線もスパイラルケーブル通過後は青色となります。これは実際の車体でも同じ現象が起っているので、くれぐれも間違えない様に、慎重な作業が必要です!!!

マジで分かりづらい....



ナビとの連携

果たして、ステアリングスイッチを変更したところで、ナビが反応するかどうかは、最後まで不安要素の一つでもありました。
ちなみに僕の使っているナビはALPINEのフローティングビッグXです。

結論を言います。
バッチリ!!!

発話&終話ボタンは、望み通り着信時の発話&終話ボタンとして機能しており、
コミュニケーションボタンは、ナビの機能に内蔵されているコミュニケーションモードのボタンとして機能します。
これは、前席の音声を後部スピーカーから出すモードで、車内の会話がスムーズにできる機能。偶然にも、ステアリングスイッチに刻まれたマークとズバリ一致するので、なんともラッキーであります!
さらに、これもビッグXナビの機能の一部ではありますが、MODEキー長押しでカスタムモードに突入します。
これは、今回追加した右側スイッチに、独自にスイッチを割り当てられる機能で、僕はAV画面⇔ナビの切替や、画面OFFといった機能を割り当てています。

なんとも便利!!!!!



完成


ハイエース_ステアリングスイッチ交換_完成写真 .png
ご覧の通り、イイ感じに交換が完了しました。
残念なところが2点ほど.......

1つ目は、ステアリングスイッチ周辺の隙間です。
まぁ........ハイエース用じゃないから文句も言えませんが、この隙間、非常に惜しい!!!
ハイエース_ステアリングスイッチ交換_気になる隙間 .png

2つ目は、夜間イルミ点灯時の光漏れです。
今回のスイッチは、予め白色LEDに載替えたのですが、スイッチの隙間から微妙に光が漏れてしまってます。原因は恐らく、取付けたLEDチップの光度の違い。これに関しては、また時間がある時に抵抗値の調整を行い、適切な明るさに調整が必要かと思います。
ハイエース_ステアリングスイッチ交換_気になる光漏れ .png
以上が気になる点。

ただ、ナビとの連携を考えても、間違いなく便利になりました。
特にフローティングビッグX搭載車は、そのナビ元々のポテンシャルを十二分に活かせる、最高のカスタムになること間違いありません!!!
心の底からおススメです☆




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車
前の1件 | -

名車ハイエースをとことんイジリ倒すDIYブログ。

他の記事もご覧ください

ステアリングスイッチをグレードアップ.png ハイエース リアスピーカー交換.png ハイエース_最強ベッドをDIY-.png ハイエース_最強テーブルをDIY.png ハイエース車内照明追加.png ハイエース-サブバッテリ―追加.png クルコン&スロコン取付方法大公開.png 急速USBコネクタを取り付け.png ハイエースの空力性能.png 自作フットレスト.png

前車セレナのいじり方はコチラ

TUS1.5_FOCAL-ツイーターに交換.png メイン.png 助手席アッパーボックス自作照明設置.png 運転席アッパーボックスにLED.png ルームランプのLED化.png セレナ_ナンバーフレーム.png TOP.png